CX-8がリセールが良くない件について検証

「CX-8ってリセールってどうなんですか?」

たまにお問い合わせを頂くので、お調べしてみたBLOGです。

サンコーオートでは、
基本的にリセールに有利な車種をメインに公開をしております。

例えば、オデッセィ、アルヴェル、エルグランドであれば、アルヴェル。
ハリア、CX-5、CX-8、エクストレイルであれば、ハリアー。

小さな会社なのと、私がメインで販売をさせて頂いているので、
毎月数百台の販売が出来ません。(過去最高でも62台/月でした。)
その上で、お客様になるべくカーライフコストを下げて頂きたいとの事で、
リセールに有利な車種に絞って値引きプランの公開をしております。

結果として、車種を絞ることで、ディーラー・メーカーと交渉をし、
台数をまとめて値引きを増やしていただいております。
もちろんCX-8も他社よりはお安いのですが、なにぶんリセールは良くない、、、
「どれくらい良くないの!?」という事で。検証です。

CX-8 業者オークションで調べてみた。

やっぱり一番人気は、ディーゼルのLパッケージ。
でも2WD、4WDで、新車価格がざっくり440~460万円。
の、中古車相場がこちら。

カラー登録年月
走行距離
車両状態売買価格
グレー
2WD XD Lパッケージ
2019/1
100km
S
新車同様
371
グレー
2WD XD Lパッケージ
2019/1
15,000km
5
傷無し
塗装歴無し
345
ブラック
2WD XD Lパッケージ
2019/2
21,000km
4.5
傷無し
塗装歴無し
336
ホワイトパール
4WD XD Lパッケージ
2019/4
500km
4.5
傷無し
塗装歴無し
331
ブラック
2WD XD Lパッケージ
2018/4
14,000km
4.5
傷無し
塗装歴無し
345
ホワイトパール
2WD XD Lパッケージ
2018/11
2,000km
5
傷無し
塗装歴無し
337
ブラック
2WD XD Lパッケージ
2018/11
200km
S
新車同様
348

普通に乗って下落が、1年で100~150万円くらいでしょうか?

一般的に海外で人気がない車種については、
ナンバーをつけて中古車になると値段がドンと下がって、
それからは緩やかに下がっていきます。

そのような値段が落ちやすいお車で、
かつ高額車両の場合には、下落幅が大きいので、
程度の良い中古車をご購入頂くのも“アリ”かと思います。

お探しの際には、ちょっとお時間がかかるかもしれませんが、
お声がけください。どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移