【検証企画】タイ、マレーシアに見る、現地トヨタの販売価格

トヨタは世界展開中、今回はアジア圏/タイ・マレーシアで検証

まずはタイトヨタ。(https://www.toyota.co.th/)

さて。日本ではないので、通貨とグレードが変わり、現地国仕様になります。
気になる人は詳しくご覧ください。
そして、タイは通貨がバーツなのですが、1バーツ:3.62円(1/22)

●C-HR

ガソリンが、97.9~103.9万バーツ=354.4万円
ハイブリッドが、106.9~115.9万バーツ=419.6万円
ちょっと高い。。。という感じ。

●グランエース

170.9~219.9万バーツ=618.6~796.0万円
これもちょっとだけ高い。

●アルファード/ヴェルファイア

ヴェルファイア 2.5L 380.9万バーツ=1378万円。。。
アルファード VIP 542.9万バーツ=1965万円。。。
すんごい高い。いや。高すぎる。グランエースが安く思える。

次はマレーシア

マレーシアトヨタ(https://www.toyota.com.my/)
マレーシアは通貨がリンギットなのですが、1リンギット:27.1円(1/22)

●C-HR

150,000RM=4,065,000円

●ハリアー

243,000~266,000RM=6,585,300~7,208,600円

●アルファード/ヴェルファイア

2.5L 362,000RM=9,810,200円

3.5L 443,000RM=12,005,300円

やっぱりアルファードが高い。特に高い。

結論:現地価格が高い

・・・ので、関税が安くなれば買いたい。
あるいは現地仕様ではなく、日本仕様が買いたい。
などの需要があって、その為に日本の中古車が高くなる傾向があります。

ただ、関税、仕様が問題。
リセール重視の方は、よくご注意いただければと思います。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移