フルモデルチェンジ 情報到着から、実際の販売、納車まで

フルモデルチェンジだけはちょっと特別。

近日、トヨタ、ホンダで
登録車販売台数No.1、燃費基準No.1を争う2車種が販売されます。
・トヨタ ヤリス
・ホンダ フィット

何が特別?そもそもフルモデルチェンジって?

そもそも、モデルチェンジって種類があり、
1.年次改良/一部改良 0.5~1.5年に一度
法改正に対応、ちょっとした装備の変わる改良
特別仕様車と一緒に発表になったりします。
面白いところだと、室内のランプが緑から青に変わるだけの改良だったり。

2.マイナーチェンジ 2.5~4年に一度
外観のデザイン変更などを含むフルモデルチェンジまではないものの、大きな改良
合板を変えるような大きなマイナーチェンジはビッグマイナーチェンジと呼ばれる事も。

3.フルモデルチェンジ 5~10年に一度
今回の議題のフルモデルチェンジ。
エンジン、ミッションなど根本から変更させるモデルチェンジ。

さて。今回は、情報到着から販売、納車までというタイトルの通り、
メーカーの気合の入ったスケジュールになり、そこが特別になり、
リセールに大きく影響します。

スケジュールが特別!

年次改良、一部改良、マイナーチェンジの時は、
・デザインがメーカーサイトに先に公開されない。
・燃費、諸元表、価格情報などの情報がギリギリにならないとわからない。
・実車が見れるのは、発表後

フルモデルチェンジの時は、その逆!
メーカーが全力で販売したい!何か月待ち!としたい!
逆にフルモデルチェンジ前の車でお客様に迷惑がかからないように。
という配慮の元に行います。

下記、あくまで例ですが、全然スケジュール感が違います。

●年次改良、一部改良、マイナーチェンジ
2~6ヶ月前 現行モデル販売終了時期の連絡
1~2ヶ月前 次期モデル販売情報の連絡
3~4週間前 燃費、諸元表、価格情報など細かい情報の連絡
3~4週間前 メーカーオーダー開始、プレカタログ配布
モデル記者発表 メーカーサイトで公開、カタログ配布
記者発表後 車両生産開始
3~4週間後 納車開始

●フルモデルチェンジ (近年のトヨタの場合)
6~9ヶ月前 現行モデル販売終了時期の連絡
5~7ヶ月前 次期モデル販売情報、モーターショーの連絡
3~4ヶ月前 モーターショーなど、実車公開、プレカタログ配布
各ディーラーへ販売台数目標の打ち合わせ、車両生産開始
2~3ヶ月前 燃費、諸元表、価格情報公開、カタログ配布
各ディーラーで販売開始
一定期間をおいて、メーカーオーダー開始
販売記者発表
2~3週間後 納車開始

近年では、クラウン、カムリ、ヤリスなど、
新型発表、フルモデルチェンジ発表がこんな感じ。

スケジュールが違うので、
年次改良、一部改良、マイナーチェンジの時と、
新型発表、フルモデルチェンジ発表の時は、
リセールでご注意いただくべきことが全然変わります。

フルモデルチェンジ リセールについて

・現行モデルの販売終了連絡
・新型モデルのデザイン発表
などが先行して始まるので、
フルモデルチェンジの時だけは、
「現行モデルの査定価格の下落」が早く始まります。

現行モデルに乗ってる人 「えっ。どうしよう、先に売らなきゃ!」⇒供給が増える
現行モデルを検討してる人 「えっ。じゃぁ待とうかな!」⇒需要が減る

そして、買い替えの方が大変多いので、
納車が始まり、人気がすごいと、
「旧モデルの査定価格の再下落」が始まります。

旧モデルに乗ってた人 「下落してても乗り換えの時に売りたい!」⇒供給が再度増える
旧モデルを検討してる人 「新型見慣れてきたし、新型にしよう!」⇒需要が減る
旧モデルを検討してる人 「いっぱいある!選べる!」⇒売れづらい⇒値段が下がる

人気車種は何ヶ月待ちが当たり前!

ジムニーはオーダー開始初日になんと、、、すでに1年待ち。
ハリアーも1年待ちでしたよね。

グランエースは、国内、海外ともに連絡がほとんどありませんでしたが、
ライズは、海外から見積依頼が来たり。(販売はもちろんお断り。)
はい。ハリアー、ジムニーの時はすっごい大変。
わかりやすく問い合わせが殺到。

[そもそもリセールに有利な条件は!?]で公開した通り、わかりやすく、
●海外要因
●新型モデルチェンジと納期
が両方重なっちゃった状況で、価格も高騰。

フルモデルチェンジ時期には、情報を得て急いでオーダー

フルモデルチェンジ時期は、とにかく「すぐにオーダー」が大事。

・値引きが増えるまで待つ
・情報が全部出るまで待つ
はもちろん、お客様目線ですと大変大事なポイント。
乗り心地、家族の評判、大きさなどいろいろあると思います。

でもリセールだけで考えたら、「すぐにオーダー」が大事。

・次期モデルチェンジまで長く乗れる
・売れるタイミングが早く来る(11ヶ月経過)
特にアルファードの1年経過、マレーシア輸出などは、はじめが特に高い状況。

何台もご購入頂いているお客様は、
「とにかく急いで!」とおっしゃる方が多いです。

・・・次のフルモデルチェンジ車種の時はどうなることやら・・・

私どもは、より早く見積りをし、より早く諸元表などをお送りいたしますので、
他の方よりも早く、オーダーして頂ければと思います。

関連記事

新着ブログ

  1. 中国。フロントランダー(ハリアー)がまだサイト公開していない?

  2. 【30系後期アルファード】1月も末に差し掛かり、2020年1月登録の仕入れがほぼ完了へ。マレーシア現状。

  3. 【検証】ハイラックス ブラックラリーエディション リセール

  4. 【サンコーオートサイト転記】30系後期アルファード2021年一部改良。最後の特別仕様車、TYPE GOLDⅡ発表へ。ヴェルファイアは販売縮小へ。

  5. 【検証】30系アルファードもフルモデルチェンジから6年。マイナーチェンジだけじゃない。価格下落タイミング。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  4. ジムニーとジムニーシエラ。

  5. スズキで納期に時間がかかるのは。ジムニーとハスラー。