【リセールを比べてみた/SUV編】リセール比較 CX-5、CX-8、ハリアー、RAV4、エクストレイル

コロナショック明け、アウトドア需要が一巡。11月の相場情報からリセール検証

SUVを検討しているけど、リセールに有利な車種ってどれ?
という事で、
今回は現在販売されている車種のうち、
お時間が少々経った車両を目安に掲載をさせて頂きます。

先日の記事では、下記車種を掲載致しましたので、今回はこちらの5車種。
CX-5、CX-8、ハリアー、RAV4、エクストレイル

【検証企画】C-HR、ヴェゼル、アクアクロスオーバーを検証

「過去に買ったけどどれが正解だったか、検証をしたい!」という目線ではなく、
「これから買うのにどれが良いのか?」という目線で書かせて頂きます。

CX-5 2017/2発表モデル


2.2 2WD XDプロアクティブ 新車販売価格/定価 3,173,500円
1年落ち1万km 買取目安 240
2年落ち2万km 買取目安 225
3年落ち3万km 買取目安 200

CX-8 2019/12発表モデル


2.2 2WD XD Lパッケージ 新車販売価格/定価 4,434,100円
1年落ち1万km 買取目安 310
2年落ち2万km 買取目安 300
3年落ち3万km 買取目安 290

ハリアー 60系 2013/12発表モデル→既にフルモデルチェンジ済み


2.0 2WD PREMIUM 新車販売価格/定価 3,249,720円
1年落ち1万km 買取目安270
2年落ち2万km 買取目安260
3年落ち3万km 買取目安250

RAV4 2019/4発表モデル


2.0 4WD G Zパッケージ 新車販売価格/定価 3,539,000円
1年落ち1万km 買取目安330

エクストレイル 2013/12発表モデル


2.0 4WD XI 新車販売価格/定価 3,256,000円
1年落ち1万km 買取目安230
2年落ち2万km 買取目安220
3年落ち3万km 買取目安210

昨年新型が出たRAV4がリセール有利で、新型が出てもなお60系ハリアーが高い印象

60系ハリアーが新型で出た2015~2017年、恐ろしい高リセールで、
中古車の方が高い現象が起きるほど、納期も長かったのですが、
そのハリアーは、今でも他車種に比べれば、
フルモデルチェンジ後でも高リセール。

とはいえ、昨年新型が出たRAV4も高リセールになっております。
逆に、CX-8、CX-5などは、海外で人気薄。リセールが良くない結果に。
エクストレイルなども同様、
トヨタがリセール面では強い事がお分かりいただける結果になったと思います。

皆様気になる、80系ハリアーの結果をお知らせ出来るのは、
来年になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 更新 30系後期アルファード買付希望/特に2018~2019年

  2. 30系後期の上昇に伴い、30系前期も上昇。上昇幅はほぼ同様。

  3. 【お問い合わせ回答】30系アルファードは、2020年モデルが供給過多。2018年、2019年が欲しいとは?

  4. ノアヴォクシー フルモデルチェンジ詳細が11月12日に到着。1月13日に記者発表へ。

  5. 【20→30系】フルモデルチェンジに見る、30系アルファードの売却リミット。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移