【転売NGだけど…リセールは?】登録済み未使用車が出てきてしまう要因

Goo-netやCarsensor、業者オークションにも登録済み未使用車がたくさん!

今回のコロナショック前から、
Goo-netやCarsensor、業者オークションなどに、
登録済み未使用車がたくさん出てまいります。

特に昔は「ダイハツVSスズキ」の争いが酷いもので、
「登録台数」に重きを置いた経営方針を取られたため、
「値引きを増やすから沢山買ってほしい!」と言われた中古車販売店が大量に仕入れ、
「登録済み未使用車販売店」が流行り、「新車よりも安い」を売りに事業をしたものです。

さて。今では国土交通省からの指導や、利益率の悪化により、
経営判断を変えてまいりました。

・・・が、ご存じの通り、日産/三菱連合は引き続き、行っておりましたため、
数年前から利益率悪化が顕在化してきておりました。

登録済み未使用車は麻薬みたいなもの。海外需要で異なる影響も。

値引きを増やし、販売台数を増やせば、
見た目上の売上は上がり、生産効率も台数に応じて上がり、原価率を下げる事にもつながります。

ただ、中古車販売店が買うほど値引きをし、
中古車販売店で、「新車よりも安い」を売りに販売をされてしまうと、
結果として、新車を大幅値引きをしないと売れない事態になり、負のスパイラルにはまってしまいます。
当然中古車買取相場も下がりますので、リセールは良くないケースが多いです。
(逆に新車が大幅に値引きをしてくれれば、リセールが良いケースもあります。)

逆に、登録済み未使用車がたくさんあっても、Goo-netやCarsensorに流通しないケースもあります。
これは海外に輸出するため。
日本国内仕様が売っていない国。あるいはそもそもトヨタ販売店が無い国から、要望があるケース。

この場合には、逆に、中古車販売店に中古車として並ぶ事が少なく、
結果として、リセールが良くなっていく。
この手法を取って販売をしているのがトヨタですね。
コロナからの復興という意味合いで、ハリアー、アルファードなどで強いトヨタが例となります。

現在、巷に流行している登録済み未使用車は2パターン

●1パターン目。
コロナの影響が顕在化し、一番大変だった4~5月。
オリンピック需要と、送迎向けに生産を進めていたミニバン。
ご存じの通りの延期で、生産したものの停める場所が無い!という事で、登録してしまった車種。
例)セレナ、ヴォクシー/ノア

●2パターン目。
海外で人気の車種に対して、需要を見越して注文をした、
海外輸出バイヤーや、投機目的の中古車販売店など。
コロナでもすぐにキャンセルは出来ませんので、登録をした車種。

その中でも、人気の車種に限っては、人気なのですぐに海外もしくは国内ユーザーへ。
この場合には、Goo-net、Carsensorに載る事は有りません。
例)ジムニーシエラ、アルファード
(このせいでアルファードがヴェルファイアを強烈に上回る事態に。)

そして、コロナの影響で海外で人気が無くなり、行き場を無くした車両。
国内需要を超える供給で、値下がりをしてしまった車種。
例)ヤリス、ライズ、ヴェゼル

即転売はNGですが、目安になりますのと、各メーカーで差があります。

即転売はNG。なんでNGかは、サンコーオートHPで記載をしておりますが、
BLOG:新車購入後1年以内禁止の理由/主にランクルなど (sankoh-jp.com/サンコーオート)

トヨタ車は転売NG(1年を目安)
スズキ車は業者オークション販売NG
と言われております。

もちろんスズキの場合にも、
ご購入後、すぐに暴力団等の反社会勢力の方へ転売はNG。

ただ、ご事情があり手放さなければいけなくなる状況に置かれてしまう方や、
あるいはこのコロナ禍でご売却を余儀なくされる方もいらっしゃいます。

・トヨタ車 輸出は絶対NG。ご友人など一般の方への販売はOK。
全世界での5年保証が出来ない事から、海外がNGとなっています。
・スズキ車 業者オークション出品はNG。
何故かスズキは海外はOK。
業者オークションに出る事で冒頭の利益率悪化を防ぐため等の為です。

次ページでは、即転売金額から見る現状。

以前もヤリスなど公開してまいりましたが、
アルファード、ヴェゼル、CR-V、プレミオなど、目安を見て頂ければと思います。

関連記事

新着ブログ

  1. アルファード フルモデルチェンジ遍歴のご紹介

  2. 会員様向け/リセールが良いのはどっち/アルファード編 特別仕様車とS Cパッケージ

  3. 相場が落ちてくる10~12月へ突入。年度替わりにご注意。

  4. 「2020年版 高リセールで有名な車種を●年前と比べてみて、どれが高いのか。」について考える。

  5. ヤリス、ライズ、C-HRなどは低迷。アルファード、ハリアー、ジムニー、ジムニーシエラは堅調。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  4. ジムニーとジムニーシエラ。

  5. スズキで納期に時間がかかるのは。ジムニーとハスラー。