新型ヴォクシーのデザインリーク。10~11月異例の高騰だった現行ヴォクシーが下落傾向。

異例の高騰もようやく落ち着いてまいりました。

以前のBLOG(2021/11/22)にて、
[過去BLOG]:80系ヴォクシー 90系発表前、異例の高騰。
・現行モデルの発注は出来ず、新型モデルは来年発表・納車で高くなる
・中古車も減産があり、供給不足

という理由で価格が高騰しているとお伝えいたしました。

インドネシアでも販売されているヴォクシー。
海外向けのいわゆる過走行と呼ばれる走行距離がかなり走っている車両は別として、
高年式、BIG-X、~50,000kmがかなり高くなっておりました。

が。
・新型モデルのデザインリーク、価格+安全装備判明
・減産終了で、挽回生産

となり、未使用車や~10,000km以外は値段がかなり落ち着いてまいりました。

異例だった10~11月。未使用車や~10,000km以外は今のところ高いですが、
恐らく1月には終わるものと思います。
2月からは新型の納車に合わせて、旧型の市場供給も始まると思われますので、
もしまだお乗りになっているお客様がいらっしゃいましたら、
だんだんと下落するものと思います。

後は、モーターショーでのデザイン公開。記者発表とCM開始。など、
一般のお客様に周知されていく事で、
「旧モデルってちょっとデザインが古いな。。。」と感じる方が増える事で、
値下がりが顕著になってまいります。

来年もモデルチェンジがございます。
ご参考にして頂ければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移