1月から2月、3月と輸出台数は徐々に戻り、国内業者オークションとともにコロナ前水準へ。

輸出統計データが1,2月と出てきております。

2021年3月のものはまだ集計中で到着待ちですが、
1月は船の確保が出来ないなど。輸出出来る台数が芳しくない状態。

ただ、力のあるバイヤーが車両確保をして、待機していた状況でした。
2月、3月と徐々に良化いたしまして、業者オークションでも、
海外向け、特に低年式過走行の車両のお値段が戻りつつあります。

2021年1月 中古車輸出台数 71,489台(前年78,085台)
2021年2月 中古車輸出台数 92,671台(前年104,097台)

前年に比べて、ミャンマー、スリランカなど、
需要減の国々もありますが、全般的にはコロナ前に戻っている状況。

国内業者オークション統計データも1,2月と出てきております。

国内業者オークションは2020年コロナ前と変わらない状況。
2021年1月
オークション出品台数 520,011台(前年520,580台)
成約台数/成約率 346,379台/66.6%(前年340,482台/65.4%)
2021年2月
オークション出品台数 583,488台(前年568,048台)
成約台数/成約率 394,391台/67.5%(前年377,420台/66.4%)

例年通りだと、3月末~5月前半までは相場が悪く、8~9月が相場が良い

車種によってモデルチェンジサイクルや、急な需要供給で変わる事がありますが、
全般的には、5月前半まではあまりよくない時期でございます。
ただ。
昨年の3月下旬~5月まではコロナショックで相当悪い状況でしたので、
前年に比べましたらかなり良くなります。

お客様から
「いつ売るのがベスト?」
とお声を頂く事が多いのですが、
特にご売却検討の多い車種については、
随時更新で相場情報を掲載しておりますので、ご覧頂き、
参考にして頂ければと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移