※更新 売るならどこが高い!?買取店・オークション・輸出業者 ~サンコーオートの場合~

一番高く売りたいけどどこに売るのが高いの!?!?

金利も安いし、リセールの案内もしてくれるし、総額も安いから、
サンコーオートさんで購入するよ!!

でも、サンコーオートさんが一番高いといいんだけど、
そうじゃない時があるってどうゆう事!?

じゃぁ一番高く売りたい場合、どこに売るのが高いの!?!?

まずは弊社の場合!

ごめんなさい。結構な長文になりますので、予めご容赦下さい。

まず、弊社の場合、海外からのプレミアムなお取引の時以外は、
(初期ロットで10台限定で超高額で買うよ!など)
海外バイヤーからへの売却額から、5万円利益を頂いて、ご案内しております。
売り先が決まっているから、ペーパーマージン的なイメージです。

もちろん弊社で利益を頂くので、一番高いバイヤーを探すのが仕事です。
海外輸出をされる会社様は、一般ユーザー向けに情報発信/買取していないバイヤーが多いので、
さまざま、提携会社様へご連絡いたします。

イメージでいうとこんな感じ。

上記の例で言いますと、
輸出業者Cへ売却を前提に、お客様へ485万円のご提示をさせて頂きます。

この場合、極端な例ですが、
お客様が買取店・販売店を回って頂いたり、一括査定をして頂いて、
買取店が、「オークションで495万円で売れるはずだから、490万円で買い取ろう!」
販売店が、「一般ユーザーが500万円で買いたいって言ってるから、490万円で買い取ろう!」
となりますと、弊社よりも高くなります。

私どもも、アルファード・ヴェルファイア・ハリアー・ヴォクシー・プラドなど、
リセールの良い車両の販売をさせて頂いている関係で、
その中古車の再販ルートの開拓をさせて頂いております!
(私が元々、ヤフー子会社で輸出事業も携わっていた関係で輸出関係の会社様が多いのですが。)

・・・がしかし、中には、ハイブランドのインポートカーや、
リセールに不利な車種でお越しの方もいらっしゃいます。
その場合には、オークション代行(手数料5万円+実費)をさせて頂くか、
あるいは、弊社の買取金額を提示させて頂いております。

輸出向けの車両で、弊社買取が7割ほど。
そうでない場合で、5割ほどが弊社で買取をさせて頂いております。

ご検討中のお客様は、新車を買うから下取出さなきゃいけない!?
何てことは有りません。
一番有利な形でお乗り換え頂き、またお越し頂きたいので、ぜひ、お比べ下さい。
そして一番高ければぜひ、弊社まで。

オークションについて

ここからがややこしいです。

業者しか売買することのできない、業者オークションですが、
オークションに出す側は、陸送したり、手数料があったりと、3万円~お金がかかり、
買う側も、手数料と陸送で、2万円~お金がかかります。
デメリットは、コスト。

メリットは、大変多くの方にアプローチが出来る事。
国内外問わず、数千社が加盟しているオークション。

弊社でお声がけするのは、10社ほど。
お客様で一括査定をしても、5~6社ほど。
より多くの方へアプローチする事によって、高額が付く場合があります。

でも、オークションに出ている車をほとんど買っている業者がいれば、
さっさとそこに売却した方がコストがかからなくていい。

というのが、一般的なお話。

輸出向け車両でも全然違う、車によって高いところ

毎月、いろんな会社に査定依頼をしたり、
オークションに出したり、オークション代行をしたりとしておりますが。
まず大前提で言えること。
「ここが高い!と言える会社が無い。」

まぁ当たり前な話なのですが、
輸出業者は、輸入している現地中古車屋さんの要望で、仕入をしているにすぎません。
なので、中古車屋さんが、いらないといえば買えないし、
足らないから買いたい、個人の方から注文が入ったといえば、買う。

ので。輸出業者が強いシーズンでも、お売りする輸出業者はバラバラ。
言える事は、供給過多の時は、小さな会社様が、
供給極少の時は、大きな会社様が高い傾向にある。という事くらいでしょうか。

輸出業者が強いシーズンて何!?

国内業者よりも、輸出業者が強いシーズンは。
例えば、新型車両が出たばかりの時。
あるいは、新型車両が出て、輸出が出来る1年経過した時。
関税変更によって、急激に需要が高まった時や、年度替わりの時期など。

この場合には、オークションで買うより前に、車両を確保する必要があるので、
オークションで500万円位の相場なのに、
輸出業者が、500~510万円。
中には、もう売り先を決めてしまった輸出業者が520万円を提示してくれたことも。
でも買取店は、オークションで500万円だからと490万円が最高値。

いわゆる、「上昇相場」の際には、「輸出業者が強い」という典型例。
それプラス、オークション以外は必ず買えるから売り先をつけやすいから、
プレミアム価格が付く時があるケースです。

タイムラグがあるのが、オークション・輸出業者の面白いところ。
さて。逆もあります(笑)

逆に輸出向けなのに、買取業者が強いシーズン!?

これで有名なのが、2019年2~3月の、2018年モデルアルファード。
先ほどの逆。「下落相場」の際。

そんなにいっぱい買えないよ。余っちゃってるよ。と海外需要が弱まりました。
数ある海外輸出業者の中でも、
オーダー分が足らなかった業者が最後の1台を500万円で購入。
でも他の人はもうオーダー分の仕入れが終わってる。

でもオークションとしては、500万円の値段が付いてる。

から。買取業者は490万円の値段。
輸出業者はいやいやもういらないから、485万円なら。
と、買取業者が高いという逆転現象。

怖い事に、翌週、オークションは490万円に下落。
その翌週は480万円に下落。と下がっていきました。

買取業者はオークションを見て仕入。
オークションは数あるディーラーの中で一番高い金額が出る。
買取業者は、海外関税の変更とかの時はどうするんですかね。。。

結論

当たり前ではあるのですが、お客様のお乗りのお車によって、
海外向けなのか、国内向けなのかが変わります。

国内でも、海外でも、という場合には、買取業者の方が良かったり、
あるいはオークションの方が良かったり。輸出業者が弱かったり。

国内で人気!という場合には、一括査定が一番高かったり。
輸出で人気!という場合には、輸出業者の一括問い合わせが高かったり。

プラス、需要供給やトレンドなどで変わります。

サンコーオートWEB担当の私と致しましては、
さまざま情報を頂けるよう、アンテナを張りまして、(古い)
お客様のご相談に対応できるよう努力させて頂きます。

(現在でもお車によって、弊社買取だけでなく、
一括査定や、オークション代行をご提案させて頂いております。)

サンコーオートにてご売却の流れ

1.まずは概算価格を知る!
まずはご自身のお車がいくらになるのか調べてみましょう。
概算価格をお調べするのは無料です!
(下取以外のお問い合わせは、会員様以外は、エリア外の方へはご回答が出来かねます。。。)

お問合せを頂いた時点での概算価格をお知らせいたしますので、まずはお問い合わせを。

>アルファード 買取の場合
【アルファード 愛車無料査定フォーム】
>その他の買取の場合
【愛車無料査定フォーム】

2.「よし!売ろう!」となったらご入庫可能日程をお知らせ下さい。

主に、サンコーオートの場合には、3パターン。
Ⅰ.海外輸出向け車両で、先に海外バイヤーと交渉して買取。
Ⅱ.国内向け車両でサンコーオートで査定をして買取。
Ⅲ.オークション代行として、お預かり。
どれが一番高いかは先の通り、車種によっても異なりますのでお比べ下さい!

さて。ご入庫可能日程をお知らせ頂きましたら、
それぞれ。

Ⅰ.海外輸出向け車両で、先に海外バイヤーと交渉して買取。
ご来店前に、車検証情報や、細かくお車の状況をお聞きいたしまして、
仰って頂いた「ご入庫可能日程」に合わせて、海外と交渉いたします。
金額をご来店前にお知らせいたしますので、
ご来店時に、事前の内容と相違が無ければそのまま、
当日書類、身分証明を頂きまして、お振込みいたします。

※後日、修復歴などが発覚してしまった場合には、減額となります。
※買取成立までは、手数料などは頂きません。またご提示金額は弊社手数料を差し引いてご提示しております。

Ⅱ.国内向け車両でサンコーオートで査定をして買取。
海外輸出もお調べして、結果国内。となりましたら、弊社で買取金額を提示いたします。
オークション相場のご案内も差し上げまして、
「オークション代行はちょっと金額が決まらないし嫌だな。。。」と仰られる方はこちら。
海外輸出向けと流れは同じです。当日の査定、お支払いになります。

Ⅲ.オークション代行として、お預かり。
先の通り、こちらのメリットは、
金額が決まらない、出品料がかかるデメリットがある反面。
国内外問わず、全世界の登録バイヤーが競り合ってくれる事。
こちらのサイトで公開されている車種だけでなく、
お客様にはご覧頂けるよういたしますので、お比べ下さい。

その他、詳細などは、
サンコーオート【愛車無料査定】ページをご覧頂ければと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 30系後期の上昇に伴い、30系前期も上昇。上昇幅はほぼ同様。

  2. 【お問い合わせ回答】30系アルファードは、2020年モデルが供給過多。2018年、2019年が欲しいとは?

  3. ノアヴォクシー フルモデルチェンジ詳細が11月12日に到着。1月13日に記者発表へ。

  4. 更新 30系後期アルファード買付希望/特に2018~2019年

  5. 【20→30系】フルモデルチェンジに見る、30系アルファードの売却リミット。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移