リセール重視で旧車という選択肢。まずはデメリットから。

新車より高くなってて、高くなる旧車

絶版になっている旧車、事故になって、昔のあこがれで、等、
欲しいと思ってもモノが無ければ買えない。
けどドンドン減るし、誰も手放さない。という事で、高くなる旧車。

「だったら今から買いたい!」
とはいえ。デメリットがありますので、ご確認ください。

デメリット

・そもそもプレミア価格が付いてて購入価格が高い

本当に人気の車は、Goo-net、Carsensorなんかに出てません。
出てたとしても相当吹っ掛けられた金額で出ています。
ここでの一番のポイントは、
間違って人気じゃない車を買っちゃわないこと。
間違ってプレミア価格よりもさらに高額で買っちゃわないこと。

・維持費が高い

自動車税、重量税が割り増し、燃費が悪い
故障リスクが高く、部品が無かったり、車検が高かったり、
程度が悪かったり、修理工場が見つからなかったり。

あとは、車両保険に入れなかったり、盗難リスクがあったり、
コミュニティから声がかかったり。など様々。
これが個性だ!故障は可愛いもの!と仰る方向けです。

・売るときも注意!
普通の一括査定だとまったく高く売れません。
なぜなら、
出張査定できたほんの数社の人は、買取は強くても旧車は弱い。
過去の相場を見てギリギリまで金額を想定することも難しいでしょう。
なので、安く買い叩かれてしまう事が多いです。

購入時、保有時、売却時の3点でデメリットがある

けど、金額が高くなるケースや、
デメリットが分かってても本当にお好きな人にはあり。

次のページでは、リセールで高騰している車両をご紹介。
ご自身のお好きな車、買おうとしている車、興味のある車が、
リセール有利の旧車かどうかお確かめください。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移