本年も何卒よろしくお願いいたします。年末輸出統計等

昨年中はコロナ禍にも関わらず、
変わらぬご愛顧をありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

12月はUK向け輸出が激減し、その他南アフリカなど、
コロナの影響から輸出が滞っている国もございましたが、
変異種での再ロックダウンのような大きな事案がない国は11月迄と同様。

(UKは、10月1,355台、11月530台と、コロナ禍の5月363台に次いで少ない台数。スポーツカーなどが人気の輸出先です。)

ただ、やはり観光メインの国など、経済的ダメージの大きい国は厳しく、
関税緩和などの国や、そもそも車が社会インフラになっている国は活発。

あとは需要、供給バランスで変わってきますが、
中古車市場は大きな幅がなく、静かな師走でございました。

1月新年明けてから、海外問い合わせメールを差し上げておりますが、
「新年のオークションが始まってからの動向と、現地の動向を見定めてから、価格提示したい」という、
いわゆる”様子見”の状況となっております。

明日、明後日から動き始めますので、ご売却の方はお問い合わせ頂き、
ご入庫日に合わせて各バイヤーと交渉してまいります。

今年は新型車も複数出る予定にて、
モデルチェンジ前にご売却、モデルチェンジ後をご購入など、
お問い合わせが増えてくるものと思います。
順次ご案内いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移