「絶版・旧車」ラシーンのお問い合わせを頂きました

「絶版・旧車」

絶版・旧車となっているお車のうち、昨今のソロキャンプ需要など、
ラシーンの人気がありお問い合わせを頂きました。

現状、ラシーンは、
「10万km以内」かつ「修復歴のない、程度の良いお車」が値段が高くなっております。

その反面、「10万km以上」で「修復歴があり程度の悪いお車」は、
廃車になるレベルの金額でしか売買されておりません。

過去BLOG
人気の旧車、高騰している車種のご紹介
【絶版モデルのリセール】FJクルーザーのファイナルエディションって?

将来は、個体数が少なくなると、
「10万km以上」で「修復歴があり程度の悪いお車」でも高額に。

ラシーンも同じ状況になるかどうかは別ですが、
有名なAE86も、「10万km以上」で「修復歴があり程度の悪いお車」は業者オークションで
数年前まで20~30万円程度でしか売買されていませんでした。

それが個体数が少なくなった今。
「10万km以上」で「修復歴があり程度の悪いお車」も出物が無いため、100~300万円!

人気であっても古いお車は、維持費が大変ですが、
維持が出来れば価格は高くなります。

ポイントは、「個体数が少なくなる」でございます。
供給台数が多いうちに、割安なものをお買い求め頂いて、
供給台数が少なくなってから、売却するのがお奨めでございます。

程度が良く、走行距離の少ないお車をお買い求め頂くと、
購入金額がかなり高くなるケースも多いので、
それはあまりお奨めはしておりません。

もしご興味がある方はお尋ね下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移