更新 日本での一括査定。海外でも一緒。

サンコーオートでも海外向けバイヤー様には一括査定をしてもらってます

サンコーオートで海外向け車両の買取をさせて頂く際には、
提携している海外輸出業者様に買取金額をお聞きしております。

おかげ様でリセール重視の新車販売をさせて頂いておりますため、
お声がけさせて頂いたり、お声がけして頂ける機会がございまして、
お付き合いしている提携会社様も増えております。
(ご覧頂いている提携を検討している会社様がいらっしゃいましたら、ぜひ!)

さて。たまに、
どこの輸出業者が一番高いんですか?
って仰って頂くんですが、、、しょっちゅう変わります(笑)

「一番の最大手だから高い?」
と思いきや、仕入しすぎちゃって安くないと買いたくないって言われたり。

「資本がちっちゃいから安い?」
と思いきや、仕入がうまくいってないから、高くても台数を取りたい!って言われたり。

「実績がないから安い?」
と思いきや、実績を作りたい小さな会社だから、薄利でも台数をこなしたい!って言われたり。

「たくさん広告出しているから高い?」
と思いきや、広告費は高いし、無理しなくても買えるから買取金額は高くなくて、
かえって広告をしていない会社が、無理してでも買いたいから買取金額が高いなんてことも。

あれ。これって、日本国内と一緒。
海外の中古車ディーラーでも、
価格重視で走行距離が多くても気にしない。色も値段が安ければさほど気にしない。
というお店や、
富裕層向けに、高グレード、オプションを取りそろえているディーラー。
など、さまざま。

そこに輸出している業者もさまざま。

とある車両の時は、
バイヤーA社 450万円
バイヤーB社 440万円
バイヤーC社 445万円
で、A社。

とある車両の時は、
バイヤーA社 480万円
バイヤーB社 490万円
バイヤーC社 470万円
で、C社。

なんて時もあります。

結論:いろんなところで比べましょう

売却タイミング、売却する車で、どこが高いかはさまざま。
いろんなところに問い合わせをして、一番条件の良いところでご売却を。
ぜひ弊社にも、他社様にもお声をかけていただいて、条件が他社様が良ければその旨、ご相談ください。

ご売却時期が決まっていないというお客様もいらっしゃると思います。
ご要望の多い車種は、細かくオークション情報を公開しておりますのと、
ご要望をメールいただけましたら、BLOGにしております。
ぜひご覧頂き、楽しんでいただければと思います。

関連記事

新着ブログ

  1. 更新 30系後期アルファード買付希望/特に2018~2019年

  2. 30系後期の上昇に伴い、30系前期も上昇。上昇幅はほぼ同様。

  3. 【お問い合わせ回答】30系アルファードは、2020年モデルが供給過多。2018年、2019年が欲しいとは?

  4. ノアヴォクシー フルモデルチェンジ詳細が11月12日に到着。1月13日に記者発表へ。

  5. 【20→30系】フルモデルチェンジに見る、30系アルファードの売却リミット。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移