先日のBLOG、コロナ再拡大などでご不安の御客様へ

お問い合わせが多いので掲載させて頂きます。

先日のご案内の通り、9月下旬以降、
ジリジリと中古車市場が価格低迷へと転換してきております。

特にコロナ解除明け、キャンプ、アウトドア需要で高騰した、
いわゆるキャンピングカー系、SUVクロカン系などが、
急落をしており、お客様から不安のお声を沢山頂きます。

ずっと弊社サイトをご覧の方は、
一時的要因で、9月10月には下がるはずと書かせて頂いていたので、
先にご売却の方が大変多かったです。
(弊社も急いでほとんどの車両をオークションで投げ売りました。)

高騰時はほとんどの車両を購入してくれたのは国内販売店様

高騰時は、あくまで国内需要が支えている形で、
輸出業者へ問い合わせをしても、国内販売店や、オークションの方が高い状況。

特に買取面でも海外バイヤーと競合する機会はほぼ無く、
ほとんどが国内販売店の方と競る形でございました。

結果として弊社買取をしても、売り先は国内小売りをメインとされている、
販売店のバイヤー様でございました。

気になったので、、、高騰期。
7~9月に売却した車両を見てみたのですが。。。
恐ろしい事に割合として6割。
“弊社で売却した価格”で掲載されたまま売れ残っていらっしゃいました。。。

結果として「供給不足」と「急激な需要拡大」で高騰している中、
在庫に抱えたものの、販売に至らず、相場が落ちたという事でしょうか。。。

これから先の価格はどうなる?私にとって一番の売り時は?

特に先のSUVクロカン系を保有の方から、
10月からお問い合わせを沢山頂戴しております。
・ランクルプラド
・ハリアー
・ジムニー
・RAV4

あくまで申し上げないといけないのは、
「需要」
「供給」
で相場が変わるという点でございます。

落ち着いて頂きたいのは、
「殺到売り」が起きてしまっては意味がありません。。。
特にランクルプラドは、「2~3月にフルモデルチェンジ!?」なんて、
フェイクニュースが駆け巡ったらしく、弊社にもお問い合わせを頂きます。。。
これが供給面で影響したこともひとつの要因かと思いますが。
(先のプラドのBLOGからまだ下落を続けております。)

先のBLOGでご案内の通り、
一時的なコロナ需要も終わり、年末に向け「需要」面で、下がってくる頃。
コロナ拡大で、各国の需要が落ち、
このまま国内の供給が続くと、落ちていくことが予想されます。

あまりこのBLOGで売りを煽ってしまうといけないのですが、
さほど多くの方がご覧頂いていないので。
売却時期を見計らっている方は、輸出規制が関係なければ、お早目が宜しいと思います。

(あるいは「水害」「地震」「災害」などがあると一時的に高騰したりしますが、
それはイレギュラーな事でございます。)

あとはお願いとしては。。。

特にプレミアム会員様におかれましては、
状況がご心配の方は、是非お問い合わせと、BLOGの閲覧をお願いいたします。
ご相談を承りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 更新 30系後期アルファード買付希望/特に2018~2019年

  2. 30系後期の上昇に伴い、30系前期も上昇。上昇幅はほぼ同様。

  3. 【お問い合わせ回答】30系アルファードは、2020年モデルが供給過多。2018年、2019年が欲しいとは?

  4. ノアヴォクシー フルモデルチェンジ詳細が11月12日に到着。1月13日に記者発表へ。

  5. 【20→30系】フルモデルチェンジに見る、30系アルファードの売却リミット。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移