【考察記事】FRIDAY様の記事(BMW新車最大1,000台が野ざさし)より

しばしば起こる新車在庫過剰を考察

2/7のYahoo!ニュースで、こんな記事が。

[Yahoo!ニュース/新車のBMW最大1000台が雨ざらし&砂利で傷だらけのワケ]

「実はよくある話で、1,000台なら大した台数じゃないじゃん!」というのが、
たぶん自動車業界の方から見たら、大半の印象だと思います。

「だって。日産でも。ホンダでもあったじゃん。ホンダは確か当時50,000台だっけ?」
だよね。BMWなんて全然少ないよね。ベンツだってあるしね。

[スクープ!放漫経営の負の遺産 ホンダ「新車を大量放置」現場を激撮!]

先日も私も、[リセールが良くなくなる条件 「メーカーに在庫があります」にご注意]で掲載したのですが、
今回は、砂害車、冠水車、展示車などに絞って、リセールのお話をさせて頂きます。

場合によっては、リセールで有利な場合も

いろんな害がありますが、
車両が生産されて、登録されるまで間に、
1.保管中に水が入ってしまう、浸水してしまう⇒冠水車
2.保管中に雹がふってしまう⇒雹害車
3.展示していて傷が付いたり、汚れが付く⇒展示車
4.保管中に海辺で下回りが錆びてしまう⇒錆害車
5.保管中に砂などで傷がついてしまう⇒砂塵害車
などがございます。

まず、1.冠水車。5年10万kmのメーカー保証がなかったり、故障が頻発したり。論外。。

2.雹害車は、買うときも安いが売るときも安い。置いてある車を新車と言われたらご注意ください。
リセールも不利なのでこれもダメ。

3.展示車。売るときにマイナスになることはないが、値引きもそんなに増えないので微妙。

4.5.錆害車、砂塵害車は程度次第&値引き次第ではアリかも。
場合によっては●●%割引きなんて事も。値引きがすごかったらアリというお話。
(サンコーオートでは取り扱ってないですが。)
でもこれも置いてある車を新車と言われたらご注意。
騙されないようにして下さい。

BMW、ベンツだと登録済み展示車両もあり

先日のBLOGにあるような、
登録済み未使用車がたくさん出てくる事もございます。
参考:[リセールが良くなくなる条件 「メーカーに在庫があります」にご注意]

人気のアルファードなどは、ほぼ出回る事はありませんが、
車種によって。
かつ先ほどの1~5にご注意いただいて買うのはアリかと思います。

●一番ご注意いただきたいのは、まずは「5年10万km保証」が掲載されている事。
●お支払い総額が掲載されている事。(されていてもキチンと見積を取った方がいいです。)
●ローンを使う際には、金利が高くない事。
●外部機関での査定票がある事。
●リセールで人気のグレード/オプション/カラーである事。
をご注意いただいて、ご検討頂ければと思います。

もし気になる車種で登録済み展示車両があれば、
キチンと新車見積りと比べてご検討ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移