新年ハリアー マレーシア事情 ~その1~

前回のアルファードに続いて、今度はハリアー

[新年アルファード マレーシア事情]では、
30系前期、後期のアルファードの状況をお知らせ。
また30系後期に関しては、
[アルファード 週間更新 相場情報、買取金額、総括等]も公開いたしました。

今回は、60系、フルモデルチェンジを控えたハリアー。
弊社では大変多くのお客様にお買い求めを頂いておりますため、
「輸出状況が気になる!」
「フルモデルチェンジ後の相場が気になる!」
などお問い合わせを頂いております。
前半は、全ての方へ公開。後半は、プレミアム会員様のみ公開させて頂きます。

同じく、先に注意書き!

ハリアーは国内でも大変人気のお車でございます。
輸出される事の多いマレーシアの情報を元に掲載しており、
国内向けの車両は、国内業者へ問い合わせをさせて頂いております。

ハリアー マレーシア事情

●平成25年12~平成27年3月登録


既に、[~車種の特徴~ ハリアーの海外仕向地、リセール有利期間]へ掲載させて頂いておりましたが、
5年経過のため、既にマレーシア方面への販売が出来なくなっています。

目安としては、2WD エレガンスの過走行(※走行距離が普通より多い)だと
5年経過未満が、210万円、経過してると150万円なんて価格差。
走行距離が多くても良いという海外の方に売れるか売れないかで、値段が変わります。

(平成25~27年3月登録の総括)
走行距離が少ない中古車をお探しの方は、ここがお奨め。
わざわざ高い平成28年式を購入したとしても、
乗っている間に、輸出が出来なくなるので、勿体ないですよね。

●平成27年4月~28年登録

ここが今一番マレーシア向けだと”熱い”。
新車に比べると価格も落ちてきているし、買い頃。
関税も安い。という事で、登録月で多少変わりはするものの、良い感じ。

(平成27年4月~28年登録の総括)
フルモデルチェンジ待ちのお客様でここにお乗りの方は、お手放しがお奨めかも。
ただ、程度の良い車両は、国内でも人気のため、
過走行や、程度によって、海外。あるいは程度が良ければ国内も視野に売却。

●平成29年登録以降 マイナーチェンジ後


平成29年登録が関税の問題で安く、
また平成30年登録だと、まだ価格が高く、
現地の新車販売価格との差が大きくないので、微妙なところ。。。

現在は、国内、海外ともに問い合わせをするのですが、
程度の良い、2万km位までのお車だと、
海外よりも国内の方が10~30万円位高いケースが多いです。

(平成29年登録以降の総括)
海外情勢が芳しくないため、情報の遅い買取店がお奨めかも。

「フルモデルチェンジ後のリセールが気になる!」

実は一般のお客様からはこのお問い合わせが多く、
また弊社のお客様の中でも、ディーラーにお勤めの方や、
海外輸出バイヤー様など、いろいろとお話をさせて頂いて、プレミアム会員様限定の次のページで掲載。

関連記事

新着ブログ

  1. 【検証】ハイラックス ブラックラリーエディション リセール

  2. 【サンコーオートサイト転記】30系後期アルファード2021年一部改良。最後の特別仕様車、TYPE GOLDⅡ発表へ。ヴェルファイアは販売縮小へ。

  3. 【検証】30系アルファードもフルモデルチェンジから6年。マイナーチェンジだけじゃない。価格下落タイミング。

  4. モデル末期アルファード。リセール重視で2021年モデルを買う方の傾向

  5. 短期売却でリセールが良い高額車両は、フルモデルチェンジに弱い?

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  4. ジムニーとジムニーシエラ。

  5. スズキで納期に時間がかかるのは。ジムニーとハスラー。