遂にマレーシア全土でロックダウン。

日本も世界もコロナ慣れか?昨年ほどの大幅ダウンは無し

昨年の日本の緊急事態宣言、世界でのロックダウンの際には、中古車市場が急落。
買い手が少なく、売り手が多い。
悪い事に海外へ船が出ず滞留していまい、置く場所にも困る始末。

ところが。結果的にはそのころに買い漁っていたバイヤーが、
値戻りした時に一番儲かった。

という事で。
本日のオークションでも値段は弱含んでいるものの、売買されております。
ただ、当然ながら高い印象のある車両は無く、弱い状況。

ご心配で連絡を頂きましたお客様もいらっしゃいましたが、
ここから先、慌てて売却する!という方が増えると相場は崩れますが、
需要供給のバランスで値段が変わってまいりますので、随時ご覧頂ければと思います。

マレーシア向け車両に関しては、
ちょうど感染拡大の波に合わせて、価格も落ちてきた印象。
あとは今後のポイントはコロナ情勢がどうなっていくか。

「サンコーオートさんはどう考えていますか!?」とお電話されたのですが、
「今回も車屋の範疇ではない外部要因なので。。。」としかお答えできない状況。。。
随時ご案内する事をお約束し、
うまくお乗り換えの参考にして頂ければ幸いです。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移