【検証結果+α】WRX STI、S4、BRZの今。

BRZ予約直前。WRX STIって今どうなってるの?

●WRX STI ファイナルエディション


2020年4月の記事で新車で買うと、全部で500万円。
登録済みの中古車が、Goo-netで580万円、
業者オークションで550~560万円くらいとお伝えしておりました。

2021年7月現在。600~660万円迄上昇。
個体数が多いので、まだここまでの上昇ですが、年数に応じて上がってきます。

[前回記事]:【検証結果】WRX STI ファイナルエディションの転売屋さんの短期結果

●WRX S4


個体数がまだまだかなり多いS4。
新車よりも高いという事はありませんが、
新車価格が350万円程度。
5年経過でも程度が良い車両はこれまで230~250万円程度だったものが、
260~280万円程度まで上がってきており、高リセールを維持しております。

個体数が少なくなってきてどこかのタイミングで逆転するものと思います。
(ただし程度の良い、低走行の車両のみ)

●旧モデルBRZ


9年前にフルモデルチェンジ後発表されたBRZ。
当時の最上級グレードSは、MTで280万円。
未だに9年落ちでも程度が良い車両は180~200万円。
最終モデルは、300万円程度まで新車価格があがりましたが、
1~5年落ちで程度が良い車両は270~300万円まで、ここ数ヶ月で上昇。

中古車が高い!スバルのスポーツカー。

WRX STIのファイナルエディションは、「絶版」「限定車」ですが、
BRZのように「旧モデル」で高くなったり、S4の「絶版」だったり。

スポーツカーは新車販売に対する法規制で、リセールが高くなるケースが有ります。
特に「ガソリン車の販売終了」が将来的に噂される中、
お好きな方はぜひスポーツカーはお薦めです。

[サンコーオート BRZ予約ページ]:7月29日より、新型BRZ先行予約開始。旧モデル高騰中のため、新型をお待ちの方はぜひお問い合わせ下さい。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移