8月中古車輸出/一部の国を除いて8月でかなり回復

7月中古車輸出も全体的には回復傾向も、国によってまちまち。

前回のBLOGの続きになります。
BLOG:7月中古車輸出/マレーシアが回復傾向、スリランカは壊滅、ニュージーランドは急回復もロックダウン。

一部の国を除いて、ほとんどの国で急回復。簡単にご案内をさせて頂きます。

スリランカは観光大国。観光産業とともに壊滅状態。

相変わらず、戻る気配のない国。
2月 4,207台、3月 3,875台 4月 339台 5月 272台 6月 125台 7月 49台 8月 141台

マレーシアは回復傾向

台数は戻ってきたものの、以前ほどではない「値段」になっております。
2月 2,553台、3月2,107台 4月 634台 5月 313台 6月 656台 7月1,376台 8月1,654台

低価格帯の輸出先はほぼ正常化。

車が日常の足として必要な国々はほぼコロナ前に戻っており、
価格も戻っております。

高価格帯の仕向け地でも、
パキスタン:ほぼ復調。ランクルプラドなど正常化。
香港:コロナ前と同水準に。
バングラディッシュ:もう少しですが、復調。

徐々に戻っては来ておりますが、
コロナの分を取り戻す!といった雰囲気の国はほぼない状況の為、
高価格帯の相場は完全復調とは言えない状況。

もう少しかかるかと思います。

関連記事

新着ブログ

  1. 【サンコーオートサイト転記】30系後期アルファード2021年一部改良。最後の特別仕様車、TYPE GOLDⅡ発表へ。ヴェルファイアは販売縮小へ。

  2. 【検証】30系アルファードもフルモデルチェンジから6年。マイナーチェンジだけじゃない。価格下落タイミング。

  3. モデル末期アルファード。リセール重視で2021年モデルを買う方の傾向

  4. 短期売却でリセールが良い高額車両は、フルモデルチェンジに弱い?

  5. 2020/12/24の記事更新 遂にランクル300、4月から生産開始。ランクル200が販売終了へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  4. ジムニーとジムニーシエラ。

  5. スズキで納期に時間がかかるのは。ジムニーとハスラー。