輸出関連。急落したお車は緩やかな回復。

V字回復ではありませんが、角度を変えて緩やかな回復でしょうか。

サンコーオートBLOGにも掲載をさせて頂きましたが、
まだまだ緩やかではございますが、回復基調にございます。

・まだ海外向けに高く仕入れてしまった車両が売り切れていない
・海外需要、国内需要とも、コロナのダメージがある
といった状況から、V字回復とはならない見込みですが、
さすがに恐ろしく下がった相場から戻ってきている状況。

随時、相場情報で更新をしてまいりまして、
お待ち頂くことが出来る方は、待ってみるのもアリだと思います。

まだ海外オーダーは周りの様子見の部分が多く、
先物取引の感が否めませんが、なんとか復調していってくれることを祈っております。
弊社で2020年1月登録でご購入頂いている方は、
コロナの影響もない状態で、2020年1月に2019年モデルのご売却をされているので、
次のお乗り換えご相談も大変多いです。

現状、ハリアーが一番人気で、セカンドカーでジムニーのご要望が多いです。
ご相談頂けましたら、お客様に合わせて承りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

買取金額 おおよその目安 ~サンコーオートBLOGより転記~

先日の通り、コロナショックの影響から、
3月から下落を始め、4月に底を打って、現在戻ってきている状況になります。
(時系列とともに掲載して欲しいとのことで、グラフ掲載です。)
お乗り換えの際の買取金額の目安を掲載いたしますので、
ご要望の方は先の通り、お問い合わせをお待ちしております。

2019年モデル アルファード

ツインムーンルーフ、3眼、ホワイトパール/070orブラック/202、修復歴無し、1万km程度

コロナの影響から海外輸出も止まり、国内需要も冷え込んだ状態の、
3月後半から4月末くらいまでが、買取が困難な時期でしたが、
今は、ちょっとずつ回復をした需要に合わせて、買取金額が上向いています。

2017年モデル アルファード

ツインムーンルーフ、プリクラッシュ、ホワイトパール/070orブラック/202、修復歴無し、2~3万km程度

変動の差はあれど、2019年モデルと同じようなグラフ。
2019年後期モデルが安くなれば、当然2017年前期モデルも安くなってしまいます。
ちょっとずつ回復をした需要に合わせて、買取金額が上向いています。

2015~16年モデル ハリアー

5年経過未満、電動ムーンルーフ、ホワイトパール/070orブラック/202、修復歴無し、3万km程度

判断が大変難しいのがハリアー。さすがに底からは上がったのですが、
これから新型納車が始まるとどうなっていくのか。。。といったところ。

関連記事

新着ブログ

  1. アルファード フルモデルチェンジ遍歴のご紹介

  2. 会員様向け/リセールが良いのはどっち/アルファード編 特別仕様車とS Cパッケージ

  3. 相場が落ちてくる10~12月へ突入。年度替わりにご注意。

  4. 「2020年版 高リセールで有名な車種を●年前と比べてみて、どれが高いのか。」について考える。

  5. ヤリス、ライズ、C-HRなどは低迷。アルファード、ハリアー、ジムニー、ジムニーシエラは堅調。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  4. ジムニーとジムニーシエラ。

  5. スズキで納期に時間がかかるのは。ジムニーとハスラー。