「年末年始って買取ってどうなんですか?」 輸出業者・買取業者の心理と実際の相場の動き。

今売るか、1月に売るか悩んでるんですが・・・

11月も後半になり、価格が下落する中、ご売却時期でお悩みの方からご相談を頂きます。
今売ると年末年始に車が無くなって困ってしまう。。。
けど、年始になると買取金額がいくらになるか分からない。
これまではどうだったんですか?

本日もご来店頂いてお悩みの御客様がいらっしゃいました。

結論として、最終的に価格決定をされているのは、
実際にその時(お客様売却時)に、車両を購入する側のお客様が価格を決定します。

我々が来月になったら、●●●万円になります。と言えればシンプルなのですが、
その時に購入する側のお客様がなんというか分からないので、結果論になります。

これまでの例といたしましては、
1月になっても大して変わらない、少しあがった。
という例が多かったように思います。

さまざま要素があって、上がったり下がったりいたしますので、
今回は例を交えてご案内差し上げます。
ご売却時期をお悩みのお客様は、ご覧頂き参考の上、ご相談頂けますと幸いです。

上がった例。下がった例。購入側の心理。

例1)「どうせ1月頭まで車両を購入しても、すぐには輸出出来ないから安ければ買おう。」
海外バイヤーからすると、
そもそも12月頭~1月頭まで輸出がされないため、
大量に仕入れをしたいバイヤー以外は、11月後半になると、
ゆっくりと安い車両のみ仕入れる時期に入ります。
例年12月末に投げ売りをしてしまう売り手も出てくるので、
価格がそこで下落してしまうと、1月に上がっても、
比較すると11月の方が良かったというケースもあります。

例2)年末年始で、コロナ感染者数の拡大
考えたくない事ではありますが、2020~2021年とコロナ感染によって、
相場が急変動する時期が多かったです。

2020年9月まで、諸外国でコロナ感染者数の拡大があり、
10月から日本も含めて相場が戻ってまいりましたが、
逆に年末年始でコロナ感染者数拡大・ロックダウン何てことがあったら大変でございます。

例3)年始に売却の方が減るかも。増えるかも。
トヨタ自動車では減産が12月には正常化すると報道され、
実際、アルファードなどは生産改善。納車が進みます。
2022年1月登録で、下取が出てくる事など、
中古車の供給台数が増えてくると相場下落何てこともあり。
逆にそもそもモデル末期だから、と2022年1月登録車両の購入の方が弊社では少なかったため、
中古車の供給台数が減ってくると、逆に相場が上がる何てこともあります。

需要・供給のバランスで相場は変動しますので、ここが難しいところです。

10月までは売り。11~12月は下落。1月は供給と12月の相場、コロナ次第。

結果論になってしまいますが、
あとは1月の供給台数と、12月の相場、コロナ次第で、
1月の相場が決まってくるのではと考えております。

随時相場情報など、各車種更新をしてまいります。
他にもご要望がございましたら、お問い合わせ頂けましたらご回答いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 【オークション出品情報】ダメと言われても出てきてしまったランクル300。

  2. 【ランクルプラド】今発注すると生産が2022年6月以降。そろそろフルモデルチェンジ正式通達か。

  3. 11月更新/輸出統計データとコロナ情勢

  4. 30系アルファード⇒40系アルファードへの乗り換え

  5. 「年末年始って買取ってどうなんですか?」 輸出業者・買取業者の心理と実際の相場の動き。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移