低額車両は4月中旬が底で、上昇中。高額車両は底のまま。

10~20万円程度の定額車両が上昇中

コロナ前の2~3月上旬ほどではないですが、低額車両が値段が戻ってきております。
目安とすると、こんな感じ。
2~3月上旬 15万円
3月下旬 10万円
4月中旬 8万円
5月GW明け 12万円

コロナ前の金額までは戻ってきていないのですが、低額車両は戻ってきた印象。
(待っていた甲斐があった。。。)

低額車両の場合には、特定の国や地域に輸出されるというより、
金額が付きやすいところから、輸出されていくので、戻りが早い印象。
あとは、「安いから買っておこう。」というニーズも多いですね。

大手であればあるほど、在庫が大変

先日もマレーシア事情で書かせて頂いたのですが、
1,000台以上の在庫を抱える海外輸出業者や、
100台程度でも単価が高い車両を抱える海外輸出業者が厳しい。

逆に小規模で、注文販売をしていた業者は、
今こそ買い!とコロナの影響が薄まってきたところで買っていたり、
あるいはナンピン買いで買っていたりという状況。

高額車両はもう少しあとになりそうですが、
ようやくGW休み明けで業者オークションも開催されているので、
アルファード等、相場情報を更新してまいります。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移