【相場情報】例年の相場状況と異なり、じわじわと上昇。減産や感染症から回復の影響。

例年は、11月から12月末にかけ安定的に下落。

例年は下落をしていくのが一般的なのですが、
全世界的な感染症からの復旧、減産での中古車供給不足に伴い、
9月末~10月頭頃から上昇し、現在もじわじわと相場が上がっております。

「新車が納まらない⇒中古車が下取りされない」という
中古車の供給不足は11月も引き続き起こってしまう状況で、
特に海外など需要が強いため、
11月も引き続き相場は高いのではないかと推測をしております。

さすがに12月中旬から船も出ず。国内需要も冷え込む。

12月中旬~1月頭までは、需要も落ち着くため、
中古車ご購入を検討されている方は、落ち着いてお考えいただき、
ご売却の方は、11月下旬迄、あるいは1月中旬以降がお奨めです。

80系ハリアーや、30系アルファードなどじわじわとあがっておりますが、
ランクルプラド、ヴォクシーなど個別にご検討中の御客様は、
ご相談頂けば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移