【お客様からのお問い合わせ】モデルチェンジに向けて、初期ロット購入と、現行モデルの下落。

新規で会員になられたお客様からお問い合わせが多かったので、掲載

「新型アルファードが出たら絶対買うけど、タイミングを教えて」
「ランクルも新型が出たら検討したいけど、どうなるの?」
「現行モデルの下落っていつ始まるの?」
というお問い合わせを頂きます。

特に、ランクルが来年4月に発表!?なんていう情報が出た時には、
お問い合わせを沢山頂きました。(正確な情報ではありません。)

60系ハリアーから80系ハリアーの時。

ブログを書き続けていると過去のブログでいろいろと情報があるので、大変便利ですね。

ハリアーの時には、
2019年8月お盆明け頃 新モデル発表が、2020年12月から6月へ前倒しの連絡
2019年10月頃 現行モデルオーダーストップがそろそろと連絡 ※現行モデルの価格下落※
2019年12月頃 新モデルの販売、ミニカー仕入など打ち合わせ、現行モデルカウントダウン
2020年2月13日~ 現行モデルのオーダーストップ
2020年4月8日 日米同時ワールドプレミア ⇒ コロナで中止
2020年5月GW明け 新モデルオーダー開始
2020年6月8日 新モデル生産開始
2020年6月17日 記者発表
の流れでした。

現行モデルは売れ行きが芳しくなく、
最終の数ヶ月は生産が月に2,000台位にして、新モデルに待機しておりました。
なので、2月にオーダーストップしても、6月7日までの分のオーダーがある。
生産台数が限られるので、早めにカウントダウンするし、
「そろそろオーダーストップするよ!」と連絡が来る。という形。

そのため、
記者発表の4ヶ月前にオーダーストップ。
記者発表の6ヶ月前に現行モデルカウントダウン。
記者発表の8ヶ月前にオーダーストップ連絡と現行モデルの下落。
となりました。

新モデル発表ではその流れ

ランクル200は、既に2月生産。(4ヶ月待ち)
ヴォクシー・ノアは、そろそろ12月生産。(2ヶ月待ち)

ハリアーの例で言えば、
ランクル200は早くて来年夏以降、
ノアは早くて来年春以降、
が最短のフルモデルチェンジでしょうか。
モデル末期でも人気の2車種。

クラウン、MIRAIのようにコンセプトモデルをモーターショーで発表するケースもございます。
来年2020年の東京モーターショーは、オンライン開催になるかもしれませんが、
早ければ、コンセプトモデルの発表となる可能性がございます。

情報を頂けましたら、公開できるものはできる範囲でご案内させて頂きます。
現行モデルを保有の御客様はタイミングを見て、ご売却を頂ければと思います。

新モデルのオーダー開始はいずれのケースでも、記者発表の約1ヶ月前。
あとはいかに早く発注するか。といったところになります。

少しでもお客様のご質問に回答出来ていると良いのですが。。。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 【月間相場情報更新】ヴォクシーは国内相場のため、じわじわ下がる。

  2. マレーシア向け車両は微増・上昇傾向。現地コロナ感染者も微減・下降傾向。

  3. ノアヴォクシーフルモデルチェンジ。エスクァイア絶版。現行モデルのリセール推移と、新モデルのリセール。

  4. ヤリスクロスvsヴェゼル。納期長期化もあり、ハイブリッドが高額取引。

  5. 新型アクア 初期ロットが業者オークションへ。結果報告。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  5. ジムニーとジムニーシエラ。