コンパクト

~車種の特徴~ ヤリスの海外仕向地、リセール有利期間 2020/1/5時点の記事です

ヤリスの特徴

世界的にも人気のヤリス(ヴィッツ)
日本では、フィットVSヤリスで納期がどうなるか大変楽しみなお車。

●仕向け地:スリランカ他
世界的に販売されているヤリス。
即輸出がメインでの問い合わせが多く、かつ弊社の販売主力車種でないので、
デモカー仕入は行わなかったのですが、一時的にはプレミア価格が付くかも。

生産台数も多いので、供給が少なくなることはあまり考えられず。
次期マイナーチェンジまで乗るという方にお勧めの1台。

●リセール有利なご売却タイミング
次回マイナーチェンジや、海外の関税の問題もあるので、
2020年2月登録をご購入したとして、
2022年~2023年、2~3年ほどでもご売却がお勧め。

●海外向けの人気グレード、カラー
1.0L 最上位グレード、ホワイトパール他が問い合わせが多いです。

まだ発表前で、納期●ヶ月!といった情報が入っていない時期なので、
改めて、記事にさせて頂きます。

ヤリス リセールグラフ

プレミオやC-HRと同じで、海外需要が支えるため、
一部のグレード、カラーで価格が下支えされる見込み。

スリランカの困りごと

大統領選でのロビー活動で、関税が変わったりしちゃうお国柄。
昔は、新型アクアがばんばん輸出されちゃって、
でも急に関税が変わって、日本に逆輸入した!なんてことがあった国。

弊社にはあまり関係なかったですが、あの時は大変だった。
市場に一回海外に輸出されて、車検がなくなっちゃったアクアがあふれ、
アクアの中古車値段が急落し、新車が売れづらい!
なんて時期がありました。

ヤリス、C-HRなどは他の国でも人気ですが、
高額車両を輸入する国はパキスタン、バングラディシュ、等
そんなに多くないので果たして。

新着ブログ

  1. 30系後期の上昇に伴い、30系前期も上昇。上昇幅はほぼ同様。

  2. 【お問い合わせ回答】30系アルファードは、2020年モデルが供給過多。2018年、2019年が欲しいとは?

  3. ノアヴォクシー フルモデルチェンジ詳細が11月12日に到着。1月13日に記者発表へ。

  4. 更新 30系後期アルファード買付希望/特に2018~2019年

  5. 【20→30系】フルモデルチェンジに見る、30系アルファードの売却リミット。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移