パキスタン/コンサイニー問題で下落したランクルプラドに見る関税/現地輸入規制の怖さ

「ランクルプラドの高騰ってどうなの!?」

数ヶ月前まで、新車購入時の総額が420万円位のランクルプラドが、
何故か、「4年落ちで420万円!?」なんてことが続いていました。

実際、こういう事がちょくちょくあります。
大昔からあったお話だと、
某国からまとめて300台、クラウンの注文があって高騰。
同じくマークⅡの注文があって高騰(マークⅡって古いですよね…笑)
ミャンマーでハイエースワゴンが人気になって高騰。
スリランカでアクア、ワゴンRが人気になって高騰。
なんてことがありました。

他にも沢山ありますが、一時的に高騰という事はあるお話。
「ん?今はどうなったんですか?」
というお話が今回のポイント。

結論:「関税変更」「輸入規制変更」でダメになった

ミャンマーが民主化。経済発展が著しく、日本車がバンバン輸出され、
現地の修理工場、販売店が栄え、日本からも進出する企業が多数。

でも今は、「右ハンドル輸入禁止」で終了。

スリランカで、アクアが人気、ワゴンRが人気。
アクアは登録済み未使用車がオークションに大挙!港にも、現地にも!

でも今は、「ハイブリッド関税UP」で終了。
そう。当時もワゴンRはワゴンRでも、マイルドハイブリッドだけ輸出されてました。

結論:パキスタン向けランクルプラドも「輸入規制変更」でダメになった

弊社では、急に価格が高騰した車種に関しては、
買取は積極的に行っておりますが、
それを狙った新車の販売や、中古車の販売は行っておりません。
(結構痛い目を見られているユーザー、業者も多いかもしれません。)

これまでの経験則で、いつか終わるなーというのがあるので、
実際にこういう事が起きてますとはお伝えできても、
新車はまだ価格が上がらないのでいいんですが。

「中古車は1年経ったら爆上げ!?だったら高くても中古車買う!!」
なんてこともあり、相乗効果で高くなるなんて状況もあり、
「それだったら新車の方がいいのになぁ。」というほど、
高く中古車を売ってる中古車販売店が沢山いらっしゃいました。。。

国によって、関税が変わりやすい国があったり、
あるいは、長年続いて輸出されている国があったりとございます。

特に海外は、輸入規制で、4年経過まで、3年経過までなどあったり、
4年経過から、5年経過未満が関税が安いなど、
特殊な関税の国もあったりと、一時的に価格が高騰して、
関税が変わったら終了しちゃう何てこともあります。

リセール重視だったら、急騰を狙った”中古車買いは注意!”

輸出向けにわざわざ高い中古車を買って、
1年待つというのは、大変リスクがあります。ご注意頂ければと思います。

あるいは、一部車種でも新型発表したばかりで高騰していたり、
いろんなものがありますので、
随時こちらのサイトをご覧頂いて、ご参考にしていただければと思います。

「この車種は昔から続いてる!?」
「この車種の高騰は海外と関係ある!?」
などご質問がありましたら、コメントをお待ちしております。

関連記事

新着ブログ

  1. 更新 30系後期アルファード買付希望/特に2018~2019年

  2. 30系後期の上昇に伴い、30系前期も上昇。上昇幅はほぼ同様。

  3. 【お問い合わせ回答】30系アルファードは、2020年モデルが供給過多。2018年、2019年が欲しいとは?

  4. ノアヴォクシー フルモデルチェンジ詳細が11月12日に到着。1月13日に記者発表へ。

  5. 【20→30系】フルモデルチェンジに見る、30系アルファードの売却リミット。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移