●リセールランキング 新型ハリアー発表前のおさらい/C-HR、ハリアー、RAV4を比較してみる。

現行ハリアーカウントダウン、新型ハリアー発表前!

新型ハリアーをお待ちのお客様からのお問い合わせを多数いただいております。
今回は、おさらいという事で、
・C-HR
・ハリアー
・RAV4
を比較してみるをやってみます。

それぞれの相場状況を整理。

ハリアーは、随時更新で相場情報を掲載しておりますが、
C-HR、RAV4がまだという事で、公開させて頂きました。
それぞれ、下記になります。
[ハリアー 相場情報]
[RAV4 相場情報] ※1年経過未満にてプレミアム会員様限定記事
[C-HR 相場情報]

相場状況からの考察。

それぞれの現状の相場情報とともに、各グレードなど考察をそれぞれのページに掲載いたしました。
マレーシア、スリランカ、日本など、海外、国内需要と、供給で値段が変わってまいりますが、思いますに。

2019年発表のRAV4
2016年発表のC-HR
2013年発表のハリアー

発表時期によって当然ながら中古車としての供給台数が異なり、
(供給多い)ハリアー>C-HR>RAV4(供給少ない)

海外需要は少ないRAV4ですが、
納期に時間がかかり、国内の中古車需要もあるので、まだ高い状況。

C-HRは海外需要で一部グレードが高い状況だが、
それ以外は、国内の中古車需要がひと段落。値段が落ちている状況。

ハリアーは、海外需要もひと段落してしまい、値ごろ感のある価格帯での需要があり、買い支え。
国内も同様。フルモデルチェンジを控え値段が落ちている状況。

といったところでしょうか。
SUVというくくりなのですが、モデルチェンジ時期、需要供給、海外要因などで、
変わってくるというお話でした。

新型ハリアーは、要因としては良い条件が整いそうなので、どうなるか。。。
まだ、サンコーオートでは見積予約を開始しておりませんが、
3月ごろになるかと思います。今しばらくお待ちください。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移