スポーツカーのリセール ~希少価値編~

新車が出て、”買いっ!!”といえば?

[リセールに有利な3大要件!?]でご案内をした、リセールの3大要件。
1.希少価値
2.海外要因
3.新型モデルチェンジと納期
「じゃあどんな車を買ったらいいの?」というと、
一つずつでも人気の要因になるのですが、組み合わせだと強いのが下記ケース。
Ⅰ.海外でも国内でも人気の車種が、フルモデルチェンジの時。(2+3)
Ⅱ.海外でも国内でも人気の車種が、限定車両で絶版になった時。(1+2)
新車より高くなっちゃう時があるくらい。

Ⅰは、個別のリセールページに書くとして、
今回のブログはⅡのケース。

ここ数年であった、限定車両で絶版になった車

まず、限定車両で絶版になった車ですが、
そもそも「台数限定」「最終モデル」「絶版」なので、抽選になるケースが多く、
・外れた方がどうしても買いたいと高額になるケース
・あとから欲しい!事故ったから欲しい!などですぐ高くなるケース
・年数が経ってどんどん高くなるケース
などがございます。

高くなったから売っちゃったけど、もっと高くなってるの!?
なんて、GT-Rのケースもありますが、
なかなかそこまで長く保有できないし、今からは現実的じゃない。
という事で、
限定車両で絶版になった車をご紹介と、プラス、現在の相場をお知らせ。

・ランサーエボリューション ファイナルエディション

2015年に絶版になったお車。当時の新車価格が430万円。
今でも走行距離が少ない程度の良いお車は、新車より高いですが、まだ430~470万円くらい。
まだこれからといったところでしょうか。

・S2000 タイプS

2008年に絶版になったS2000。当時は新車価格が400万円。
12年経った今。程度の良いお車は、新車より高いお車もありますが、400~450万円ほど。

・(番外編)ランクル70

2014~15年の1年だけの再販だったランクル70。当時の新車価格が350~360万円。
走行距離が少ない程度の良いお車は高額ではあるものの、
新車価格よりも高くはならず、320~330万円ほど。
でもかなりリセールとしては良い状況。

本当に最近の車や、これからの狙いは!?

最近の車では、最終モデルとなったエンジンEJ20を搭載したWRX。
将来高くなるであろうという事もあり、抽選ののち、即完売。

これからだと、
35GT-Rの絶版時の最終モデル。
86の絶版時の最終モデル。
等でしょうか。

将来高くなるかもしれない、スポーツカー。
最終モデルはすぐには高額にはならないですが、
希少価値がなくなって、将来的には・・・?

関連記事