S660の絶版。過去の絶版軽スポーツのリセール/ビート、カプチーノ、AZ-1

S660の絶版が発表。過去の軽スポーツのリセール

先ほど、S660とともに、軽自動車のリセールランキング記事を書かせて頂きましたので、続編です。

当たり前のお話なのですが、絶版前の状態だと、
「新車より中古車が高い。」なんて状態にはなりません。だって新車が買えるから。
絶版後でも程度が悪い状態の中古車だと、それも人気が有りません。
もちろん絶版後でも人気のない車種だと?それも人気は有りません。

さて。今回は以前の軽スポーツ。ビート、カプチーノ、AZ-1をご紹介。
当たり前ですが、絶版して数年はめちゃくちゃ安かったです。中古車相場。
だって、まだまだ国内で流通してて、手放す方もいらっしゃったので、供給があった。
需要もそこまでなかったから絶版になった。

・・・ただ。時間が経つにつれ、
需要は落ちてくるものの、程度の良い車両の供給が無い!
という事で上がってまいりました。

AZ-1


当時の新車価格は150~160万円でしたが、絶版となって26~27年。
程度の良い車両がかなり少ないですが、状態が良い車両は、250万円ほど。
事故歴があって、走行距離が10万km以上でもちゃんと動けば120万円以上と、
生存している車両が少なくなった今、直す前提で買う方が多数。

カプチーノ


当日の新車価格は、マニュアルで145万円。絶版から26年。
こちらは販売台数が多かったので、まだ走る車が多い状況。
状態がかなり良く、走行距離が1万kmくらいでも、180万円ほど。
事故歴があって、走行距離が多いと、10万円くらいになっちゃいます。

ビート


こちらもカプチーノと同様。マニュアルで140~145万円
状態がかなり良く、走行距離が1万kmくらいでも、140万円ほど。
事故歴があって、走行距離が多いと、10万円以下になっちゃいます。

人気の絶版車は、新車販売台数でリセールが変わります。

軽自動車以外でも、
・フィガロ
・パオ
・ラシーン
など、人気のお車がございますが、一番重要なのは程度。

あとは希少性ですね。
一般的なお車でも、ターボ付きのマニュアルは全般的に評価が高いですし、
これまでのお車の方が好き!走行距離も伸びない!と仰る方がいらっしゃいましたら、
またブログを更新させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 更新 30系後期アルファード買付希望/特に2018~2019年

  2. 30系後期の上昇に伴い、30系前期も上昇。上昇幅はほぼ同様。

  3. 【お問い合わせ回答】30系アルファードは、2020年モデルが供給過多。2018年、2019年が欲しいとは?

  4. ノアヴォクシー フルモデルチェンジ詳細が11月12日に到着。1月13日に記者発表へ。

  5. 【20→30系】フルモデルチェンジに見る、30系アルファードの売却リミット。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移