高騰して手が付けられない、キャンピングカー、ハイエースワゴンなどキャンプ需要。今だから気にしたい【リセールの考え方の落とし穴】

コロナショックの反動・キャンプ需要・旅行需要減

・コロナショックの反動
・電車通勤減、テレワーク増
・旅行需要減、キャンプ需要増

コロナ明けで高い車ってなんですか?
とお問い合わせを頂く事が多いのですが、
SUV系、キャンピングカー。

特にハイエースワゴン、キャンピングカー、4WD系のお車が、
コロナ前よりはるかに高い水準で取引が推移しております。

そのほかの車型も、一旦は全面的に高かったのですが、ゆっくり落ち着いてきている状況。

いまがピーク。

くれぐれもご注意いただきたいのですが、
ジムニー、ジープ、ランクルプラドや、
ハイエースワゴン、キャンピングカーなど、急激な需要増で高くはなっております。

新車と比べて、中古車が高いため、
「だったら新車の方がいいか!」とお考えになられる方も多いと思いますが、

「新車を買って飽きたらあんな値段で売れるなら!」と考えてお車を買うのは危険。
あくまで今の需要に合わせた金額でございます。

極端な話。コロナが終息し。
キャンプ需要が元に戻り、手放す方が増えたら?
供給過多になって、急落。
なんてことにもなりかねません。

お車をご購入になられる際には、現在の中古車価格を目安に、
リセールをお考えいただくのは危険。というお話でございます。

リセールでは「いつ売るか」を想定して考える事が大事。

2~3年。2万km位乗って、手放したい。
なるべく短期間。1年ごとに乗り替えたい。
長く乗って維持費の安い車が良い。
など、皆様ご要望が異なります。

ご購入頂く際にお客様のお話をよくお聞きし、
お客様にあったご提案をしたいという事で、ご商談をさせて頂いております。

その際、リセールでは、
・フルモデルチェンジ
・お客様の使用期間、走行距離
を考え、

例えば、
「お客様の場合には、2年3万kmなので、
そのころには、お買い求め頂いたお車はフルモデルチェンジされていて、
フルモデルチェンジ前の最終モデルになっているので、このグレードが良いと思われます。
また、際どいタイミングなら、フルモデルチェンジ前のご売却がお奨めです。」
などとお答えしております。

くれぐれも、お買い求め時点で、2年落ち3万kmの買取価格を目安に、
お考えにならないようご注意いただき、
ご商談時には、フルモデルチェンジ情報などと合わせてご提案致しますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. アルファード フルモデルチェンジ遍歴のご紹介

  2. 会員様向け/リセールが良いのはどっち/アルファード編 特別仕様車とS Cパッケージ

  3. 相場が落ちてくる10~12月へ突入。年度替わりにご注意。

  4. 「2020年版 高リセールで有名な車種を●年前と比べてみて、どれが高いのか。」について考える。

  5. ヤリス、ライズ、C-HRなどは低迷。アルファード、ハリアー、ジムニー、ジムニーシエラは堅調。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  4. ジムニーとジムニーシエラ。

  5. スズキで納期に時間がかかるのは。ジムニーとハスラー。