3月の統計データ。4月はどうなるか。~中古車輸出統計・新車登録台数統計~

統計データが出そろってきたので。まずは、中古車輸出統計

各オークション会場でも3月下旬から、
売買が大変低調になっていった海外輸出。
中古車輸出の統計データが届いたので、ご確認しました。

結果から先に申し上げますと、
営業日数の少ない1月から、2月が増え、
3月が下がってしまったところがほとんど。
4月の輸出統計は、5月に出てまいりますので、こちらで再度更新をします。

-日本からマレーシアへ
1月1,746台、2月2,553台、3月2,107台

-日本からスリランカへ
1月2,706台、2月4,207台、3月3,875台

-日本からロシアへ
1月8,542台、2月11,161台、3月9,401台

-日本から香港へ
1月626台、2月780台、3月973台

次に国内新車販売台数統計

トータルでは3月下旬からコロナの影響が色濃かったですが、
3月は、全体では乗用車で前年対比90%。

とはいえ、新車は前もって注文するので、影響が出てくるのは輸出同様、4月から。
納期が長い車によってはさらに営業が出てくるのは先になります。
また、一般的に新車は3月は需要が1年で最も多いので、
そもそも3月の生産計画が多く、登録台数も多い傾向にあります。
(カッコ内の前年対比は、2019年3月と比べた前年対比です。)

という事で、まずは輸出向けから。

-アルファード
1月5,147台、2月5,241台、3月7,885台(前年対比103.8%)
-ライズ
1月10,220台、2月9,979台、3月12,009台(前年対比–.-%)

納期が長い事もあり、影響が”まだ”見受けられない車種ですね。

次は国内人気の車種ですが、納期の短い車種。
-ヴォクシー
1月5,557台、2月6,745台、3月8,963台(前年対比81.7%)
-ノート
1月7,529台、2月9,913台、3月10,999台(前年対比66.1%)
-セレナ
1月台6,781、2月8,647台、3月9,130台(前年対比73.5%)

人気が少なく納期の短い車は、かなり厳しい状況も。。。
デリカD5
1月1,365台、2月1,091台、3月2,014台(前年対比38.1%)
ヴェゼル
1月3,508台、2月3,544台、3月4,404台(前年対比53.6%)

怖いので調べたくはないのですが、4月も更新いたします。

関連記事

新着ブログ

  1. マレーシア ロックダウン解除へ。コロナ拡大に歯止めがかからず。ただ買付は7月末~8月に向け回復へ。

  2. 【ご質問回答】新型ランクル300が納期に時間がかかるため、中古のランクル200を買うという選択肢は?part2

  3. 【ご質問回答】新型ランクル300が納期に時間がかかるため、中古のランクル200を買うという選択肢は?part1

  4. 【BRZ見積り開始!】リセール&見積例のご案内。

  5. 【アルファード】昨年ロックダウン時の底値近辺を割ってしまう。※グラフ更新※

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移

  5. ジムニーとジムニーシエラ。