海外向け過走行車両に見る、ここ数日の相場状況/アクア、プリウス編

海外向け過走行車両に見るここ数日の相場状況

まずは、発展途上国で人気の車種で、
弊社で販売台数が多かった、プリウス、アクア。

それぞれ、まだ3月は母数が少ないのですが、
あまり変わっていないか、少し落ちた印象。円/ドルの関係からですかね。
供給台数も需要台数も大幅には変わっておりません。

●プリウス 2012年 S 修復歴無し 15~25万km
平均オークション売買成立価格

●アクア 2012年 S 修復歴無し 10~15万km
平均オークション売買成立価格

オークション売買成立価格なので、弊社買取金額で言いますと、
プリウス22~27万円、アクア12~17万円位でしょうか。

国内向けだとどうなるか

同じく母数が3月は少ないのですが、
それぞれ4万km以内、白黒で検索いたしますと下記の通り。

程度の良い車両を前提に検索致しますと、
こちらもさほど変わっていない印象。
ただ、国内、海外の中間で、程度の悪いお車は人気が無い状況です。

●プリウス 2012年 S 修復歴無し/外装内装状態良好 ~4万km 白黒

●アクア 2012年 S 修復歴無し/外装内装状態良好 ~4万km 白黒

結論:今のところアクア、プリウス 大衆車はあまり相場変動無し。

3/6現在ではありますが、
高額車両に比べると、あまり変動が無い印象でございます。
(ただし、下取が増える3月中旬以降は例年、落ちております。)
その他、今週末には、3月分のヴォクシー、アルファードなど掲載いたしますので、
ご覧頂ければと思います。

今回は、過走行、海外輸出向けと、国内向けで、
アクア、プリウスでお調べしてみました。
(ちょうど2台下取のお車がございました。)

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移