30系後期/アルヴェルのメーカーナビ買取相場が乱高下

30系後期/アルヴェルのメーカーナビ買取相場が乱高下

まずは、下記、相場情報ページをご覧下さい。
[週間更新 30系後期アルファード 相場情報]
[週間更新 30系後期ヴェルファイア 相場情報]

一番乱高下したのは、30系後期アルファードの2019年登録でしょうか。

2.5L S Cパッケージ 3眼/ツインムーンルーフ/メーカーナビ/リヤエンターテイメント
ホワイトパール/070orブラック/202 修復歴無しにて、
業者オークションの相場で、
1月2~3週目 1~2月登録/580万円前後 3月登録/560万円前後
1月4週目 1~2月登録/610万円前後
2月1~2週目 2~3月登録/565万円

実際に買取依頼を頂いたタイミングで1件1件、海外バイヤーにご相談をしているのですが、
[海外仕様を教えて!どっちが有利?]で掲載の通り、
一般ユーザー、富裕層向けのメーカーナビ。

ハイヤーなど、企業向けでも人気もメーカーナビ無しと異なり、
そもそもメーカーナビのオーダー台数が少ないので、変動が大きいです。
(企業向け送迎やハイヤーだと、運転手付きだからメーカーナビいらないですもんね。)

先のブログの結論。
「どれが有利?」は売却時の需要供給で変わる
の通りで、供給が増え、需要が減ってきた印象です。

需要に関しては、
アルファード>>ヴェルファイア
2019年登録>>2018年登録
で、
メーカーナビ有り需要:少
メーカーナビ無し需要:多い
の状況。
あとは、供給台数によって変わるので、買取査定の金額も変わります。

随時変わりますので、記事を更新してまいります。よろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移