遂にランクルプラドもオーダーストップ。ご注文の人気は圧倒的にハリアーへと移行も、納期にお時間がかかります。

2022.9.3更新 ランクルプラドも遂にオーダーストップ

販売可能な車両が、ランクルプラドのみになってしまった8月でしたが、
遂に9月にはメーカーオーダーがストップとなりました。

人気はハリアー・RAV4などに移行していくものの、特にハリアーが人気。
納期にお時間がかかり、Zレザー、Z、Gが人気ですが、
その中では、Gがお早目で1~4年半保有でしたら、リセールも良いのでお勧めでございます。

過去BLOG リセールを考えると車種は何がいいの?

クラウンのリセールについてお問い合わせも頂くのですが、
現時点で海外バイヤーからも問い合わせが少なく、
リセールは発表後1年程度は良いのではと考えております。
「4ドアクーペSUV」「世界展開」という事で後は為替や納期状況で変わると思います。

さて。ハリアー/RAV4/プラド/アルファード/ヴェルファイアなど、
これまでリセールで優位だった車種はいまだにお問い合わせを沢山頂きます。
ですが、問題になるのは、、、
上記記載の車両で、販売が出来うるのが「プラド」のみ。

「2023年夏にはフルモデルチェンジ!?」なんて噂もありますが、
プラドはアルファードと違ってまだ連絡を頂いておりません。

シエンタも延期延期で販売出来る内容も偏った状況。クラウンもしかり。
今後の販売車種は納期・生産などが不透明・遅延となるなどあり、
販売再開予定のハリアーも納期が相当遅くなります。

本来は複数車種でお選び、検討を頂きたいのですが、
ハリアーはもっと頼んでおけば良かった(会員様向けに先行オーダーもすぐに完売。)と思えるほどの高騰。
プラドもしかりの状況となっております。

アルファードのように急に販売終了となる事もありますため、
お早目お早目のご検討を頂き、ご相談を頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  2. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  3. ランクル300は下落したと言っても。。。

  4. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

  5. 為替変動、ロシア動員令、年末年始の船便など。10月下旬~末頃から下落し、11月も引き続き低調。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移