アメリカ。25年ルールと、日本車について。

初年度登録から25年を経過した車両が輸出され、スポーツカーが人気

GT-R、スープラ、RX-7、NSX、インテグラ、ソアラ、フェアレディZなど、
いわゆるスポーツカーが人気ですが、
これは一般的に良く知られているところ。

過去のBLOGでも掲載をさせて頂いており、
アメリカ以外でも人気の車種は、
25年経過していなくても希少価値、人気で高値が付いております。

さて。今回はコアなお話。

高級ミニバン、セダンも人気。

全て25年経過。低走行で程度が良い車両だと・・・?

・センチュリー 100万円以上。

・アリスト 100万円以上。

・セルシオ 50万円以上。

・マークⅡワゴン 100万円以上。

・グランビア 50万円以上。

・エスティマ 30万円以上。

それぞれ、平成10年式だったり、
程度が悪かったりすると解体の値段になってしまう事が多いですが、
状態が良く、走行距離が少ないと大変高価。

そのため、平成10年式をわざわざ保管している業者もいるとお聞きしております。
お好きな方が面白いかもしれません。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移