【繋ぎで乗るならどれがいい?】ジムニー、ハスラー、NBOXカスタム

次のフルモデルチェンジ待ちの繋ぎで、軽自動車をセカンドカーに。

お客様から、お車のフルモデルチェンジ待ちの間、
繋ぎで軽自動車をセカンドカーとしてご購入頂くにあたり、
プレミアム会員様から、車種選定でのご相談を頂きました。

有名どころで、
・ジムニー

・ハスラー

・NBOXカスタム

などお話を頂きましたが、中古車として、どれくらいになるか。
2019~2020年式でのリセールを検証させて頂きます。

そもそも乗り方に違いがある。

・ジムニー
4WD アウトドア、クロスカントリー系、3ドア
・ハスラー
待ち乗りメインのアウトドアルック、5ドア
・NBOXカスタム
ハイト系軽ワンボックス、室内空間も広い

アルファードからアルファードへの乗り継ぎだと、ジムニーは窮屈になってしまいます。
あくまで今回はこの3車種ですが、他にもご要望がございましたら、
次回記事を書かせて頂きます。

2019~2020年式でのリセールを検証

・ジムニー 4WD JC 4AT 新車車両本体価格187.5万円

1年経過 1万km走行 ナビ付 業者オークション相場210~220万円

・ハスラー 2WD ハイブリッドX 新車車両本体価格151.8万円

1年経過 1万km走行 ナビ付 業者オークション相場145~155万円

・NBOXカスタム 2WD G Lターボ ホンダセンシング 新車車両本体価格194.1万円

1年経過 1万km走行 ナビ付 業者オークション相場165~175万円

需要・供給と、納期で中古車価格が変わるお話。

NBOXカスタムは大変人気なのですが、反面、
モデルチェンジしてから中古車も多く供給が豊富で、価格も安定的。

ハスラーは新型が出てからまだ1年なので、供給不足で価格が高め。
ジムニーは言わずもがなで納期も相当お時間がかかっております。

・納期
・モデルチェンジ
が要因での需要供給バランスが見て取れると思います。

いかに人気でもモデルチェンジから時間が経つと値段が落ちてくるので、
狙い目は軽自動車であっても、中古車供給が少ないけど人気のお車。
一番分かりやすいのは、モデルチェンジから間もない車種・人気グレードでございます。

今回ご質問を頂きましたお客様向けの記事ではございました。
ご参考になれば良いのですが。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移