アメリカでは、ハリアーはヴェンザとして販売。注目のグレードは4WDハイブリッドのみ。

北米・日本で販売のハリアー

新型ハリアーの受注から、一部改良後ランクルプラドの受注、
ヤリスクロスの受注に加えて、新型ハリアーの納車ラッシュ。

コロナ禍でも本当に有り難い事に忙しくさせて頂いており、
なかなか記事もかけずに申し訳ありません。

さて。日米同時ワールドプレミアが、コロナの影響でダメになってしまったハリアー。
北米では、「VENZA(ヴェンザ)」という名称で販売という事を、
前に記事にしておりました。

日本専売じゃないとリセール不利とは言えない

先にご案内の通り、
・価格
・グレード
・関税

がものを言います。

極端な話、全く同じグレードで、日本が世界で一番高く、日本からの関税が高かったら?
当然、日本から中古車が輸出される事は有りません。
でも。日本専売グレードだったり。日本での価格が安かったり。日本からの関税が安いと?
日本から中古車が輸出されたりいたします。

あとは、現地生産をしていたりすればコストが違い価格反映が異なったりしますので、
それを反映した世界各地での販売価格、関税によっても、
人気になる輸出先が変わったりいたします。

北米ハリアー/ヴェンザのグレード構成、生産、価格

グレードは3種類。4WDハイブリッドで、ざっくり350~420万円ほど。
4WDハイブリッドにしては、ちょっとお安いイメージでしょうか。
生産はハリアー同様の高岡工場。

いつもの通り、ハイブリッドはリセールが弱く、
2WD ガソリンで、SかZ(Leather Package)に人気が集中しそう。
あとは、その他各地の販売価格や、
一番の問題は、「関税」ですね。。。

引き続き情報を頂きましたら、ご案内させて頂きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移