ランクル200。パキスタン向けストップでの状況。

ランクル200も同じく下落傾向。

パキスタン向け車両と言えば、
4年経過~5年経過未満
ランクル200 ZX
メーカーナビ/マルチテレインモニター(社外ナビでもOK)
サンルーフ ホワイトパール/内装ベージュ モデリスタエアロ(ウイングデッキも人気)
などが特に人気でございました。

4~5月輸出ストップ前は、
メーカーナビ+モデリスタエアロ 850~1100万円程度
だったものが、

6月に入り、
メーカーナビ+モデリスタエアロ 750~800万円程度
へと値段が下がってきております。

今までがパキスタン向けに当てはまると異常な価格でしたが、落ち着いた印象。
果たして戻ってくるかどうか。

関連記事

新着ブログ

  1. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  2. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

  3. 海外輸出向け相場は、下がったもののSUV系はロシア方面が多数。

  4. ランクル300は下落したと言っても。。。

  5. 乗り換えをお奨めしていた「ハリアー G」も長期納期へ。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移