「トヨタ自動車12月は減産無し。挽回生産」の報道から見るリセール

報道から分かる事は、「新車納車が進む」という事。

「新車納車が進む」と、
新車注文済みの方のご納車が進む、あるいは納車見通しが立った方が下取車を売却する。
⇒中古車供給が増える
中古車を検討中の方が、新車の納期見込みがたつと新車検討を始める。
⇒慌てて中古車を買わなくなる。(需要が微減)

中古車供給が増え、需要が微減する事で、
中古車相場はようやくゆるやかに下落していくものと思います。

ちょうど12月から年度替わり。
あるいは11月末頃から海外向け輸出需要が止まります。(船に乗らないため。)

「年末年始には売ろうかな」
「売却を検討している」
というお客様におかれましては、
一度ご売却を検討する機会ではないかと思います。

11月下旬を過ぎましたら、車種にもよりますが、1月下旬~2月。
また3月に入ると下落するのが例年でございます。
(あくまでコロナ拡大が無い前提ですが・・・)

ヴォクシーなど新型車種の場合や、
あるいはモデルチェンジ通達が来るなどすると急変したりいたしますが、
個別にご相談を頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移