※更新記事 30後期 1年経過のSC、Sタイプゴールド。

S Cパッケージと、タイプゴールド。

[過去BLOG]:20後期では特別仕様車とSCの差が少ない。30後期の今は?

昨年2021年8月。海外でのコロナ拡大真っ最中の時期。
アルファード。新車ご購入時に40万円ほどの違いの2グレード。
●新車価格 30後期 2.5L 2WD S Cパッケージ 460万円~、S TYPE GOLDⅡ 418万円~

コロナ前は大きな差があるものの、縮まってきて、
フルモデルチェンジ後には差がかなり少なくなる事。
具体的なご売却タイミングや、海外需要で変わる事。
また今後の予想など書かせて頂きました。

「三好さんの言う通り買っておけば良かった。。。」

「10年乗るから好きなグレードで購入します。」と、S Cをお選びにならなかったものの、
“奥様がアルファードだと乗りづらいから乗り換え”という事になり、買取をさせて頂いたお客様。

「5~7年後にまた来ます。」と、S Cをお選びにならなかったものの、
“新型ヴォクシーの安全性能が欲しくて乗り換え”とご来店になられたお客様。

御二方とも、「三好さんの言う通り買っておけば良かった。。。」と仰って頂いたのですが。

現時点だと、
S Cパッケージ 1年経過で人気の仕様は、新車よりも高く490万円~で買取を行っておりますが。
S TYPE GOLDⅡだと、400万円前後。。。

基本的に、S Cパッケージはほとんど海外需要が支えており、
逆に言うと落ち込む時には、海外需要剥離分が大きく影響する事になります。

長く乗る方は、S C以外でも良いと思いますが、
途中、気が変わる、生活スタイルが変わるなど、
後々の事もお考えいただき、ご検討を進めて頂ければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

新着ブログ

  1. 電気自動車(EV)と、ガソリン車。

  2. シエラ5ドア、復刻ランクル70、アルファードの販売について

  3. 12月。ロシア横ばい、マレーシア激減。全体的には輸出横ばい。

  4. 11月。ロシア向け、マレーシア向けなど横ばい。全体的には輸出増加。

  5. トヨタ自動車。円安の状況から海外向け生産比率を高めた10~12月。1~3月は円高方向にて、日本国内向け生産比率を高める方針へ転換。

新着車種別リセール情報

  1. 【過去相場】2021年1~9月 週間更新 アルファード推移

  2. 【過去相場】2020年9~12月 週間更新 アルファード推移

  3. 【過去相場】2020年8月 週間更新 アルファード推移

  4. 【過去相場】2020年7月 週間更新 アルファード推移

  5. 【過去相場】2020年6月 週間更新 アルファード推移